日常でできる豊胸法(バストアップ法)

豊胸(バストアップ)の方法1.  姿勢に気を付ける

 

 

あなたは、普段の生活でうつくしい姿勢であると自信がありますか?

 

豊胸には正しい姿勢が大事なのです。

 

姿勢の悪さは胸に悪影響をもたらします。

 

街中で猫背の方をよく見かけますが、
猫背の場合、胸の土台として重要な大胸筋を縮めてしまっているのです。

 

 

本来、大胸筋は胸を引っ張り上げるものですので、
緩んでいれば支える事も垂れ下がるのを防ぐ事も出来ません。

 

それに、血流も悪くなってしまいます。

 

血流が悪いと、十分な栄養が行き渡らなくなります。

 

つまり、豊胸に必要な栄養も届きにくくなってしまうわけです。

 

さらに、姿勢の悪さは歪みを引き起こします。

 

下半身や骨盤が歪んだりすると、
上半身の肉を支えにくくなってしまうでしょう。

 

その結果、胸の脂肪も他の部分に流れやすくなります。

 

 

豊胸どころか、サイズダウンの原因になってしまうのです。

 

ですから、普段から正しい姿勢で過ごさなければならないのです。

 

正しい姿勢とは、壁に背中を向けて立った時、
背中からかかとにかけて壁にくっついている状態を指します。

 

 

正しい姿勢

 

 

正しい姿勢の人と猫背のような姿勢の良くない人を見比べても、
やはり正しい姿勢の人の方がイキイキして見えるし、
体型も理想的な方が多いように感じます。

 

 

姿勢の悪いことで良いことなどないのですからね。

 

 

本当に「百害あって一利なし」なんですよ。

 

 

色々な豊胸法に取り組む前に、
まずは正しい姿勢を保つ事から始めてみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

豊胸(バストアップ)の方法2.  筋トレやエクササイズ

 

 

何の努力もせずに
簡単に豊胸出来るもので真っ先に思いつくのは豊胸手術ですが、

 

それなりに費用もかかるし、
失敗するかもしれないというリスクもありますね。

 

 

そうではなくて、わりと簡単に出来て、
お金もかからずに豊胸出来たら最高だと思いませんか?

 

実は、それは筋トレやエクササイズでも可能なのです。

 

 

エクササイズ

 

 

豊胸のための筋力トレーニングとして一般的なのが、
大胸筋を鍛える事ですね。

 

 

よく大胸筋を鍛える方法として考えられるものが、
腕立て伏せや胸の前で合掌するようにして力を入れながら両手を合わせる筋トレ法です。

 

女性なら一度は何かで見たり聞いたりした事がある方法なのではないでしょうか。

 

 

確かに胸の土台である大胸筋が鍛えられると、
垂れていた胸が上に引き上げられて位置が高くなり、形が整います。

 

 

ただ、大胸筋はご存知のように筋肉です。

 

大胸筋そのものを鍛えただけで、
脂肪の塊である胸のカップサイズそのものを上げる事は難しいと言えるでしょう。

 

元々サイズが小さめの方が大胸筋のみを鍛えても、
胸そのものが大きくなる訳ではないからです。

 

女性のボディービルダーを見ればわかりますよね。

 

大胸筋がムキムキで大きくなっても、
それを見て胸が大きいと感じる方がいらっしゃるでしょうか?

 

 

胸の大きさ云々よりも、
筋肉凄いねという印象の方が強いのではないかと思います。

 

 

では、どうすれば良いのでしょうか?

 

大胸筋だけでなく、肩や背中や腰などの筋肉も鍛えれば良いのです。

 

胸は大胸筋の他にも様々な筋肉に支えられています。

 

それらの筋肉も一緒に鍛える事で体全体が引き締まり、
それによって内臓の位置も自然と上に行くようになります。

 

そして、胸も上に持ち上げられ、
カップそのものは変わっていなくても胸が大きく見えるようになるのです。

 

筋トレが胸そのものを大きくするというよりも、
周囲の筋肉を鍛える事で形も高さも美しい胸とメリハリのある
プロポーションに導くと言えるのではないでしょうか。

 

 

また、エクササイズは、
乳腺を刺激して女性ホルモンの分泌を高め、大きくするのが目的となります。

 

上手にエクササイズを組み合わせて綺麗な胸を目指しましょう!

 

 

 

豊胸(バストアップ)の方法3.  食べ物を選ぶ

 

 

女性の豊胸には、
「エストロゲン」や「プロゲステロン」といった女性ホルモンが深く関係しています。

 

特にエストロゲンは、
女性特有の丸みなど女性らしさを一番形成するホルモンだと言われています。

 

 

しかし、この二つのホルモンは激しい運動や強くストレスを感じることによって、
分泌されにくくなったりすることがあり、豊胸に影響を与えることも少なくありません。

 

といっても、
現代社会の中でストレスを感じることなく規則正しい生活を送るのは
なかなか難しいことだと思います。

 

そこで、食べ物や栄養素で豊胸の手助けしてあげるというのはどうでしょうか?

 

 

豊胸に必要不可欠な栄養素はアミノ酸で、
人間の体の細胞やホルモンの形成に絶対に必要な栄養素です。

 

アミノ酸以外にも必要な栄養素としては、「ビタミン群」があげられます。

 

ビタミンA・ビタミンE・ビタミンB・ビタミンB6・ビタミンB12は、
お肌のハリを出してくれる作用があるので、
豊胸にも効果が期待出来るでしょう。

 

 

これらの栄養素を積極的に
バランス良く摂取することで豊胸になれるかもしれませんね。

 

 

また、食事で豊胸をはかりたいとお考えであれば、
大豆などの豆類の摂取をおすすめします。

 

 

豆類には上記であげた女性ホルモンに働きかける
イソフラボンという成分が含まれているので、
こちらも積極的に摂取してみて下さい。

 

 

ちょっと意外なところでは、キャベツも豊胸にいいと言われています。

 

 

キャベツにはボロンという成分が含まれており、
これはエストロゲンの分泌を高めて活性化させる働きがあります。

 

 

実際に豊胸効果があったという方もいるので、
毎日できるだけキャベツを食べてみるのもいいかもしれませんね。

 

 

又、他に、豊胸に効きそうなものとして
真っ先に思いつくものは、豆乳ではないでしょうか。

 

 

豆乳

 

 

豆乳にはイソフラボンが含まれていて、
この成分がエストロゲン(女性ホルモン)と似たような働きをすると言われています。

 

他にイソフラボンが含まれている食品として、
納豆・大豆・豆腐などの大豆加工製品です。

 

 

納豆

 

 

ほかには、りんご・ぶどう・梨・レーズン・わかめなどですね。
それ以外にも、ビタミン類やアミノ酸などの
栄養素が豊富なマグロ・牡蠣・うなぎなども豊胸に効果的とされています。

 

 

豊胸に効く食べ物は様々ありますが、
同じ物ばかり食べ続けては意味がありません。
栄養が偏ってしまうからです。

 

 

これらの食べ物を上手にバランス良く組み合わせて食べる事で、
効果が発揮されるのです。

 

 

食べ過ぎにも気をつけながら毎日の食事に取り入れて、
美しい胸を手に入れたいものですね。

 

 

 

 

女性ホルモンをアップさせる食生活

 

 

最近では女性の『更年期障害』の弱年齢化が進んでいると言われています。

 

 

原因は何なのでしょう?

 

 

その原因はストレスやダイエットそして過食によるものといわれています。

 

 

もしあなたが20代であっても、
食生活の乱れやストレスから更年期障害になる事もありえるのです。

 

 

更年期障害って聞くと若い世代の方は自分には関係ない。
って思いがちですが、
日常生活の乱れが更年期障害に繋がるとしたら、気をつけた方が良いですよね?

 

 

 

あなたは以下の症状にあてはまりせんか?

 

 

・最近、イライラしてしかたがない。

 

・なんだか、意味もなく憂鬱。

 

・趣味を楽しめなくなった。

 

・生理が3ヶ月止まっている。

 

・冷え性である。

 

・顔に汗をかく。

 

 

上記のいずれかに当てはまるのであれば、
少し日常生活に気を配った方が良いかもしれません。

 

 

仕事や家事や学校などが忙しすぎて、
自分の事を振りかえる時間もない。なんていう方は特にですよ。

 

こういう場合はストレスから過食気味になる傾向が多いですね。

 

 

または無理なダイエットを続けてしまう事が原因で引き起こす事もあります。

 

 

無理なダイエットとは、食べないダイエットです。

 

油を摂らないダイエットもそうです。

 

単品ダイエットも危険ですよ。

 

 

とにかく偏らない事なんです。

 

 

 

では何をどうすればいいのでしょうか?

 

これらは、私達がコントロールできない
無意識の中で動いている神経機能が正常に動けなくなる事が原因で起きるのです。

 

 

あなたも聞いた事があるかもしれません。

 

「更年期障害」と聞くと
卵巣の働きが悪くなって訪れるものかと思いますよね?

 

 

ところが、自律神経に大いに関係しているようです。

 

 

この自律神経が正常に働かない事が原因であらゆる病を引き寄せます。

 

心も不安定になりがちに。

 

カラダは冷え症となり、それが引き金でカラダ全体の代謝もダウン。

 

そうすると溜め込み体質ですね。

 

食物から摂ったエネルギーを上手に代謝して使えずに溜め込みます。

 

これが肥満に繋がります。

 

 

 

更年期障害の要因のひとつ。一番がストレスです。

 

ストレスを発散できる何かを持ちましょう。

 

 

あなたはどんな事でストレスを解消していますか?

 

夢中になれる楽しい事はありますか?

 

カラオケ、スポーツ、ダンス、友人とのおしゃべり。

 

なんだっていいので、ストレスを抱え込まないようにしましょう。

 

 

そしてそのストレスを食べ物にぶつけないように。

 

それが、あなたの更なるストレスを呼んでしまうのですから。

 

 

食べ物で言うと
女性ホルモンに似た働きをする大豆イソフラボンを摂りましょう。

 

大豆製品です。

 

豆乳や納豆、お豆腐などがいいですよ。

 

 

大豆製品

 

 

それにダイエットをしている女性にみられがちな油抜き。

 

油は女性ホルモンを運ぶ役割でもあるのです。

 

怖がらずに油をとりましょう。

 

特にオリーブオイルはコレステロールを低下させながら、
女性機能をアップしてくれます。

 

 

ダイエットしていて、
女性ホルモンが低下してバストもしぼんでしまうなんて、
女性として残念ですよね。

 

カラダが痩せればまだいいですが、
ボディは痩せずにバストだけ痩せてしまった!

 

なんて最悪ですよね?

 

 

あなたは大丈夫ですか?